日本の塩はここがよい

 日本の大手製塩メーカーの塩は世界最高の品質です。特に安全性と安定した品質管理ではぬきんでています。また結晶釜内での粒径管理など他国ではないきめ細かな操業でユーザー要望に応えています。主力製品は乾燥塩の特級塩・食塩、非乾燥塩の並塩・白塩です。各社でブランド名は違います。

 

1.日本の塩は世界一安全で、きれいな塩です。

 人が生きていくためにはどうしても塩が必要です。空気や水と同じように大切なものです。だからこそ安全が大切なのです。

 

1)海水汚染から人体を守っています。

 日本の塩は砂濾過と膜透析をして製造され、海水汚染から完全に守られています。百万分の1ミリメートルの微細な孔径の膜透析であり、農薬、洗剤、船底防汚剤、重金属などの汚染をシャットアウトしています。

 

2)業界自主規格で安全が確認されています。

 一般社団法人日本塩工業会の食用塩安全衛生ガイドラインで安全性に対する厳密な規格が定められ、検査態勢を確立しています。

 

3)細菌類はほぼゼロです。

 国内塩は膜透析をし、結晶化の時に加熱しているため、ほぼ完全無菌であり、食品衛生 法第7条総合衛生管理製造過程(HACCP)に適応できる安全な塩です。PL法対策 としてもガイドラインが確立し、対応が早い、など安心です。

 

4)工場の管理状態が良く、異物がありません。

 日本の製塩工場は衛生管理、異物混入防止に細心の注意が払われており、管理状態は世界のトップです。包装、倉庫などは動物や虫などの侵入防止のための措置がとられています。異物トラブル防止には国内塩が最高です。泥、砂などの混入もありません。濾過して濾紙が汚れないほどきれいな塩です。工場もユーザーにオープンであり気楽に自分の目で安全を確認できます。

 

2.日本の塩は品質が安定しています。

 世界トップレベルの品質管理技術により安定した塩を作っています。同じブランドの塩の品質のバラツキが少ないなど、厳格な品質管理がされていることが特徴です。

 

3.近距離にあるから、納品が早い、トラブルが少ない。

  1. 受注から納品までの時間が短いこと、安定した品質を、安定して供給できることは、国内塩の最も大きな特徴でもあり、ユーザーの利便でもあります。

  2. 長い歴史の中で信頼ある製造、流通システムが確立されています。
    製造からユーザー手元まで塩専用のパレットで輸送されるシステムは日本でも珍しい体制です。安心でノートラブルは実績が証明しています。

  3. 塩は基本的な性質として蔵置期間が長くなると固結します。国内塩は製造後直ちに出荷されるので固結など品質トラブルが少なく安心できます。

 

4.多様な品質の塩を供給できます。

 比較的小さな単位の数量でユーザーの要望に対応しています。しかも日本ほど多種類の塩を生産している国はありません。
 用途にあった各種の粒径の塩、各種のユーザー要望のフレコン袋、極めて純粋な塩から、苦汁や各種ミネラルの入った塩、など多種類の塩が生産されています。

 

5.なれた塩が一番です。

   塩はブランドによって使い勝手が違います。食品に使うとき、仕上がり、味、工程管理すべての面で使い慣れていることが、良い製品を作るポイントです。使い慣れた日本の塩を使うことが安心できる塩の選択でしょう。

 

補足 イオン交換膜の塩は化学塩は大まちがい。

 日本で作られる塩で化学的に合成されるのはゴミ処理場や化学工場で出てくる副産塩だけです。このような塩は食用として市場にでることは食品衛生法の違反であり、現在市場には出ていないはずです。イオン交換膜による濃縮(膜濃縮)は静電気をもった100万分の1mmの孔のあいた膜を使って塩分を分子レベルで篩い分けるもので、化学反応で作られるものではありません。膜濃縮の塩を化学塩というのは蒸発法濃縮の製塩業者が自社の塩を売るために誹謗宣伝をしたものでとんでもない間違いです。膜濃縮は海水中のカルシウムを残して自然な海水組成のかん水を原料とした、最も安全性が高い塩なのです。